« July 10, 2005 - July 16, 2005 | Main | July 24, 2005 - July 30, 2005 »

ミッションインポシブル?


今日で楽しかったイースター島ともお別れ。
ランチリに乗りサンチアゴへ。

xxxxx.jpg

ここからが大計画の始まり。
なにが大計画かというと、今日から4日後の26日午後6時までにブエノスアイレスの空港に行かなければならないのだ。
実はメールでブエノス~南アフリカのケープタウンのチケットを頼んでいて、この3日間でチリからアルゼンチンに移動してチケットを手に入れ空港に行き飛行機に乗らなければならない。しかも金があまりないのでバスを使用。その距離約1300キロ。

一応計画を立ててみたのがこれ。

23日

イースター島~サンチアゴに飛行機で移動。
サンチアゴ泊

24日

0900 国際バスにてアルゼンチンのメンドーサへ。

1600 メンドーサでバスに乗り換えブエノスアイレスへ。

25日

1030 ブエノスアイレスに到着後、チケットを取りに行く。
26日

南アフリカへ

とまあ、この予定だけだと行けそうな感じだが、実は問題が2つ。

問題その1
イースター島へ出発した時、メンドーサの国境は大雪で封鎖されていた。

問題その2

26日はチケットを頼んだ旅行会社が休みなので、25日の17時迄にチケットを受け取らないとゲームオーバー。

なので実質24日の朝9時~25日の17時迄の32時間でこの計画を実行しなければならない。

とりあえず最初の国際バスのチケットは取った。
計画実行は明日の9時。果たしてうまくいくのだろうか・・・不安だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

モ・ア・イ

xxxxx.jpg

アフタハイからの夕日。

xxxxx.jpg

鼻デカ豚。カメラと豚の間は10cm。かなり怖い・・

xxxxx.jpg

ラノララク近くの山の上。島全体が一望。

xxxxx.jpg

ん~モアイ。

xxxxx.jpg

ほとんどのモアイはこんな感じで倒れている。

xxxxx.jpg

とにかくモアイ。

xxxxx.jpg

またまたモアイ。

xxxxx.jpg

夕日とモアイも幻想的。

ごちそうさま。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

釣り天国

イースター島2日目。今日は釣りに挑戦。昨日、島巡りをしながら釣りが出来そうな場所をあらかじめ探しておいたので、さっそくそこに行ってみることに。

ここは島の西側。崖っぷちを降りて海に到着。
さっそく仕掛けを作りまきえの代わりにパンを投げてみると魚が大小30匹以上集まってきた。

この中で一番大きいのはカワハギ。
カワハギの口は体の割りに小さく、餌ばかり取られてなかなか釣れない。

見える魚が釣れないのでイライラしながら釣ること15分。

ググゥ。?!

おぉ!

重たい!

針の先を見てみると、カワハギちゃんが・・

慎重に糸を巻いて・・・

ややりましたぁ~。
ついにカワハギちゃんGET!

xxxxx.jpg

体長45センチ。なかなかの大きさ。

今日はカワハギの刺身決定!

さっそくミヒノワに帰ってさばいてみる。

カワハギと言うだけあって口の先を落として皮を引っ張ってみると皮がベロッと剥けた。


xxxxx.jpg

見た目はグロいがなかなかの美味らしい。その後三枚におろし、出来るだけ薄く切って、カワハギの薄造りの完成。

xxxxx.jpg

さっそくカワハギの刺身を一口。

う・う・ま・い!

ん~イースター島最高!
ご馳走様でした。

ここでイースター島情報。島の西側の海岸沿いはウニの宝庫。見渡す限り岩一面にウニがギッシリこびり付いている。
いわゆるウニ捕り放題状態。
味はそこそこだがウニはウニ。興味がある人はどうぞ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

情報ノート


イースター島情報。
旅行に行くときに参考にしてね。ちなみにこの記事は2005年の情報です。

宿情報

キャンピングミヒノアがたぶん最安。日本人や欧米人バックパッカーに有名な宿。キャンプが4500ペソで個室がシングルで5000ペソ。海沿いのオーシャンフロントでこの値段は安い!

レンタカー情報

イースター島はレンタカーで廻るのが一番。最安はキャンピングミヒノア。一日20000ペソ。ジムニーのような小型の4WD。11時頃に借りると、ツアーの人たちが見学し終わった頃に各観光スポットを観ることが出来るし、次の日の朝日も観ることが出来るのでお勧め。

マグロ情報

イースター島のマグロはなかなかいける。朝8時頃に港に向かうと買うことが出来る。ちなみにマグロは一匹でしか買うことが出来ないので、誰かとシェアするのがお勧め。
値段はキロ3500ペソ。もし1キロ単位で買いたい場合は、メインの通りにあるマグロのエンパナーダ屋さんでキロ3500で買うことも出来る。キッコーマンもその通り沿いで購入可能。

また、かわはぎが釣れる。皮剥ぎの刺身はバカ旨。釣り竿も持っていくのも良いかも。釣り具は、靴屋さんで購入可。探してみてね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

モアイ


2日目。さっそくレンタカーを借りて島巡り開始。ちなみにレンタカーは約30$。
まず最初に行ったのが近くの港。ここイースター島は日本のマグロ漁船もマグロを求めてくるほどのマグロスポット。
しかし、今日は海が荒れているので船はでないとのこと。残念。

その後気を取り直して再び観光開始。まず目指すのは15体立っているモアイ。ここは日本のクレーンメーカーが立てたモアイがあるらしい。
車を借りて島を走ってみて気づいたのは、立っているモアイは珍しく、ほとんどのモアイはうつ伏せで倒れているということ。殆どのモアイは顔が見えず寝ころんでいた。

しかし、島の景色は最高~。馬にまたがっているラパヌイの人もいれば、その辺をうろうろしている馬、羊、豚なんかもいてかなりのどか。かなりいい感じ。

45分のドライブで15体のモアイに到着。
15体のモアイが立っているのは圧巻。写真撮りまくってしまいました。
xxxxx.jpg

その後も写真を色々なところで撮りまくり。その写真は、次の記事で。

あ~マグロが食べたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

地球のヘソ


ついにイースター島。この島はランチリの独占路線でオンシーズンに行くとかなり高い。
しかし今はオフシーズンのど真ん中。
430$で購入。

飛行機に乗ること6時間。ついにイースター島が見えた。

xxxxx.jpg

想像通りのかなりの田舎。周囲58キロ、チリから3900km、一番近い島までも1000km以上ある太平洋の孤島なのだ。まさに地球のヘソ。

空港に到着後、キャンピングミヒノアへ。

xxxxx.jpg

おそらくこの島で一番安い宿で一泊約8$。町の中心地からは離れているけど、オーシャンフロント!ロケーション抜群だしかなりお勧めの宿。

荷物を置き、夕日ポイントのアフタハイへ。

今日は雲が少しかかり夕日に照らされた雲が金色に光っていた。かなり綺麗な夕日だった。

xxxxx.jpg

やばい!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

日本食


情報ノートを読んでいたら金太郎というレストランでラーメンが6$弱で食べられる、しかも旨いと書いてあった。

これは行くしかない。昼ご飯がわりに食べに行ってきました。

内藤から歩くこと15分。レストラン金太郎の暖簾をくぐる。
ちょうどランチタイムでチリ人のサラリーマンが寿司、親子丼などを食べていた。

チリの人は海鮮を生で食べるので寿司も抵抗がないようで、結構繁盛していた。
早速モヤシラーメンを注文。待つこと15分、おぉ~半年ぶりの本格ラーメン。

xxxxx.jpg

スープは醤油味、麺は太麺。確かにラーメン。日本から遙か遠いチリで日本と変わらないラーメンが食えるなんて!

ご馳走様でした。

夜は市場で買ってきたサーモンをさばいて寿司に挑戦。

xxxxx.jpg

チリの米はかなり日本米に似ているのでなかなか味もGOOD。
やっぱり日本食は最高だね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 10, 2005 - July 16, 2005 | Main | July 24, 2005 - July 30, 2005 »