« July 24, 2005 - July 30, 2005 | Main | August 7, 2005 - August 13, 2005 »

スワコップムンド

昨日、6時間かけてスワコップムンドに到着。ここはナミビアのリゾート地で夏はナミビア人観光客がいっぱい来る場所らしい。

ここは景色が面白い。海岸沿いを車で走ると左は大西洋の水平線、右は地平線が見えてしまう広大な砂漠。
360°地平線と水平線。
なかなかの良い景色。

しかし今日は運が悪く砂嵐にあい何もすることができなかった。

宿の人が言っていたが、年間に数回しかないらしい。

しばらく待っていたものの、状況は変わらなかったので、ウィンドフックへ戻る。

ま、こんな日もあるかぁ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ナミブ砂漠へ

朝6時に起床。最近移動に観光に忙しい。まあ物価が異常に高いので早いところザンビアに抜けたいのでしょうがない。
レンタカーは3日間で、990ナミビア$。
4人で割るので1人40$弱。やっぱりツアーよりだいぶ安い。
トランクに山盛り荷物を積めて出発。

xxxxx.jpg

ん~山盛り。

ナミブ砂漠までは約6時間の移動。走る事1時間。街の景色を抜け草原地帯に突入。

xxxxx.jpg

動物もちらほら現れてきた。スプリンクボック、オーストリッチなど南部アフリカのおなじみの動物たち。なかなかかわいい。

さらに走り続けると徐々に土漠の景色に変わってきた。
草原→土漠→砂漠の順に景色が変わるのが面白い。

走ること7時間。ついに今日のキャンプ地に到着。
明日は赤い砂漠。楽しみだ。

xxxxx.jpg


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ナミブ砂漠GET


砂漠の割に意外と温かく、寝坊する。
顔すら洗わず車に乗り込み、走ること40分。DUNE 45 に到着。
高さ300mの砂の山に登る。

xxxxx.jpg


砂のコントラストがやばい。

xxxxx.jpg

もう一枚。

xxxxx.jpg

上からの風景

xxxxx.jpg

砂漠を下から撮した。かなり色くっきり。

xxxxx.jpg

この砂漠を見るだけでもナミビアは来る価値有りだと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

テント生活開始

朝5時。ウィンドフックに到着。まだ真っ暗の中、巨大なバックパックを背負い宿を探す。
日中はまだ良いとして暗闇の中の宿探しはいつになっても慣れない。
しかも今回は、地図通りに向かったさきになぜか宿が見つからず、仕方なくタクシーに乗り向かった宿は空きがないと言われ、結局宿が見つかったのは3時間後の8時過ぎだった。

全く最悪なナミビアのスタート。

ま、とりあえず泊まる先が見つかったので気を取り直して、南アで買ったテントを建てる。

xxxxx.jpg

あ~つかれた。とにかく今日は終了。

もう寝よ~。

って、寝たいのはやまやまだけれどもそうも言ってはいられない。

ナミビアにきた目的は、世界最古の砂漠のひとつナミブ砂漠を見に行く事。

しかし、これがやっかいで、そこまでの公共交通機関がないわ、ツアーだと3泊で450$とめちゃくちゃ高いわとにかく頭を抱えてしまうやっかいな観光地なのだ。

やっぱりレンタカーをシェアするのが一番安い。

南部アフリカの旅は意外にこういった問題にぶつかる。この辺がアフリカの旅の難しさかなぁ。

とにかくレンタカーのシェアメイトを募るため、テントに張り紙をする。

待つこと数時間。

見つかりましたぁ~。俺ってかなりラッキーかも。神様ありがとう!

一緒に行くメンバーは背の高いオランダ人。明日から英語づけの毎日になりそうな予感。

ようやくこれで寝られる。
お・や・す・み~


| | Comments (0) | TrackBack (0)

移動

南アにきて約1週間。テントやガスバーナーなどキャンプに必要なものがだいたい買いそろったので、ナミビアに向かって移動することにした。

ナミビアまではインターケープバスが安く380ランド。しかし今までの国から考えるとべらぼうに高い。
またナミビアも南アと同じくらいの物価で、まだまだきつい旅になりそうな予感。
ナミビアの首都ウィンドフックまではバスで20時間。またまたなが~い移動。

しかしここは南ア。大型バスなのでさほどつらくもない。

綺麗な夕日を見ながらのバス旅。

xxxxx.jpg

バス旅は順調に進んでいき、ナミビアとの国境に到着。

xxxxx.jpg

これで南アの旅も終了。あっけなく終わってしまいました。今度来るときは、自前の車で旅したいなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

欠かせない物


バックパッカーのCAT AND MOOSEでの生活もなれ、だんだん知り合いも増えてきた。
今日の話しはもっぱら日本人ついて。

なぜ日本人はみんな醤油を持って旅しているか?

確かに全員とはいわないけどかなりの確率でみんな醤油を持っている。
他の国の人はそういう欠かせない物がないのかぁ?

でもヨーロピアンだってマーマイトとかベジマイトとか持っていると思うんだけど。

以前出会ったメキシコ人はタバスコをつねに持っていると言っていた。

そして、韓国人はというと、キムチを漬ける為に唐辛子をつねに持って旅をしている。しかも最低2種類。(甘い唐辛子と辛い唐辛子の最低2種類がないと美味しいキムチは漬けられないらしい・・)

まあ、どこの国の人も欠かせない物があるんだなぁ~。

食べ物の話をしていると必ず食べたくなる物が納豆とホカホカご飯。
それに牛丼も食べたいし、日本の美味しいラーメンも食べたい。
あぁ~。食べたい!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ケープタウン情報

宿情報


南アの安宿と言えばlong street沿いに集中している。

中でもお勧めがキャットandムース。

1人ドミで60ランド。(日本人のみ)

わりと清潔だし、スタッフの兄ちゃんはすごく親切。

シャワーも熱々。

マグロ情報

ハウトベイに有る魚市場で買えます。キロ22ランド。冷凍されてないマグロがこの安さ。結構感動。

交通費。

ショッピングモールまで宿から2.75ランド。

ナミビアのウィンドフックまでインターケープ使用で380ランド。

あんまりたいした情報ではないけど参考にしてね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 24, 2005 - July 30, 2005 | Main | August 7, 2005 - August 13, 2005 »