闇チェン

ハラレも3日目
昨日申請したモザンビークのビザ受け取りのため大使館にいく。
その後宿に帰ると警官が数人。なにやらパスポートチェックらしい。

ここの情報ノートに「たまに来る警官は何かにつけてイチャモンをつけてくるので注意。」
と書いてあったのを思い出す。
警官にパスポートを渡し、何のためにジンバブエに来たのかなど2、3質問された後無事解放。

何事もなく終わってほっとする。

その後、両替に行く。
目指すは金龍飯店。
ジンバブエにはブラックマーケットがあり銀行で替えるよりもレートがだんぜんいい。

2005 7月28日現在

銀行
1$ = 17500

闇チェン(金龍飯店)
1$ = 37500

2倍以上!

そうなんです。闇チェンすると、街にあるすべてのものが何でも半額以下。大バーゲンセールになっちゃう訳で、旅行者にはかなり美味しい。

4、5年前はその差が10倍近くあったみたいでかなり美味しい思いをした人も結構いるらしい。

しかし、地元の人にとってはかなり深刻で、当然外貨は持ってないから、すべてのものがすべて2倍に。

これがさらに進むとどうなってしまうのかなぁ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

黒さの比較


アフリカ人の黒さの比較。

2人ともジンバブエであったマラウイ人。

xxxxx.jpg


xxxxx.jpg

同じ国出身でも色が違うことにこのとき初めて気づく。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ツエツエバエ


今日でカヌーツアーも終了。結局カバ500頭以上、ゾウ20頭、インパラ、クドゥ、バッファロー、イボイノシシ等々、山盛り動物が観れたのでかなり満足した。
ジープに乗りカリバレイクを目指す。

xxxxx.jpg

しばらくすると草原地帯に突入。アブみたいな虫が体をチクチク刺してきた。かなり痛い。

その時は知らなかったのだが、刺してきた虫がツエツエバエだという事が判明。
ツエツエバエに刺されると眠くなって、症状が悪いと昏睡状態になってしまうと聞いていたので、不安になってガイドのギョベに聞く。

彼が言うには、ツエツエバエに刺されて死んだ人は聞いたことない。ノープロブレム。と言うことらしい。

一応安心する。

カリバレイクに到着すると、ここのホテルの愛犬ナッキーがツエツエバエに刺されて最近まで眠り続けていたとホテルの人が教えてくれた。
まじで大丈夫なのか?

不安だ~。


| | Comments (12) | TrackBack (0)

カバ山盛り

カヌー2日目。今日から本格的にカバが出てくる。
ガイドのギョベが言うにはカバは結構凶暴らしくあまり近づきすぎると、カヌーに向かってアタックしてくるらしい。確かに今日はカバが多い。

xxxxx.jpg

多いときには20頭近くの群が川岸で昼寝している。

カヌーがカバに近づこうとすると、カバは鳴きだしこちらを威嚇する。
カバの鳴き声はゴン太くんのような鳴き声でンゴンゴ鳴いている。
さらに近かづいていくうちに、一番臆病なカバが水の中に逃げ出す。
それに併せてつぎつぎと水へと逃げていき、水面からカヌーをジーと睨んでいる。

こっちも4メートル位あるカバだけに、必死でカヌーを漕がなきゃならない。
おそらく3日のトリップで500頭位はみたと思う。

カバってこんなにいっぱいいたなんて・・
この事もかなりカルチャーショックだった。

こんなんもよく見る。

xxxxx.jpg

アフリカすげ~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

恐怖のカヌーツアー

ジンバブエ

もっと野生動物をみよう!ということからザンベジ川カヌーの旅に出発。

カバ、ゾウはもちろんの事、インパラ、ウォーターバック、イボイノシシ、バッファロー、運が良ければライオンまで観れるらしい。

朝、近くのスーパーで食料を買い込み、オンボロランクルでマナプール国立公園に向かう。

xxxxx.jpg

走る事2時間。ザンベジ川に到着。

xxxxx.jpg

ガイドさんからいろいろと説明を受ける。

ガイドさんがいうには、この川には20メートルおきにワニが居て100メートルおきにカバの群がいるらしい。

確かに今いる出発地点から100メートル位にカバが4、5頭小さく見える。
しかもカバはテリトリーを持っているらしくカバと川岸の間に入ると船にアタックしてくるという事も言っていた。

そんな事聞いてないし・・

その後有無を言わせずカヌーに乗せられ、カバの群に向かってカヌーは走り出した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

タイガーを食べてみました

050820
ジンバブエ


昨日釣ったタイガー。釣りっぱなしはタイガーちゃんに悪いので、ちゃんと食べてみました。

今日はタイガーチャンの開きに挑戦。

タイガーを開いて炭火でじっくり焼く。
xxxxx.jpg

そして、タイガーちゃんの開き完成。

xxxxx.jpg

さっそく試食。

感想はというと、やはり川魚だけあって少し泥臭く、味はイマイチ。しかもやばいほど骨があって食べるには向かない魚でした。

しかし釣りとしてはジャンプはするは、ひきは強いはなかなかすごい魚で面白さ抜群。

タイガーちゃん。ご馳走様でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

タイガーフィッシュ

050819
ジンバブエ

カリバレイクは釣り好きの中では有名な湖。
タイガーフィッシュという魚がいる数少ない場所で、多くの人がタイガーを釣るためにやってくる。
インチキ釣り師としては何とか釣り上げなければ。

ホテルから歩くこと3分。湖に到着。ルアーは銀色のスプーンを使用。

カバとワニのいる湖にジャブジャブとはいっていき釣りを開始。

カバの鳴き声を聞きながらの釣り。何度もいうけどさすがはアフリカ。

釣りをすること15分。ガツンと竿が重くなった。

掛かった!

タイガーは針をはずそうと何度もジャンプを繰り返す。

戦う事5分。

タイガーゲット!

xxxxx.jpg

体長48センチ。銀色の鱗が美しい。

さらにもう一枚。

xxxxx.jpg

歯はかなり強烈。

今日はザンベシ川から流れ込むカリバ湖でタイガーに勝った意味のある一日でした。

今日の動物。

かば × 50頭以上
ワニ × 3匹


| | Comments (0) | TrackBack (0)

動物天国

ジンバブエ


朝まぶしくて目が覚める。今日も相変わらずテントの中。
いったいいつになったら部屋に泊まれるのだろう。

しかし早起きは三文の得。ホテル近くのカリバ湖を散歩する。

でましたぁ。早くも第一野生動物発見!

xxxxx.jpg

かば。

よくよく見ると視界の中に20頭以上のカバ。

さすがはアフリカ。
しばらくカバを観察した後、ホテルに戻る。

すると・・

xxxxx.jpg

今度はゾウ!

ホテルの人が言うには子象らしい。しかし近くで見るとかならデカい。

ん~アフリカ。すごいところだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)