エチオピアへの道2

あれから何時間走っただろう。

xxxxx.jpg


我がデザートフォックスは相変わらず何もない土漠をひたすら走り続けている。
エチオピア人の臭さも絶好調で、かなり厳しい状況になってきた。

とにかく走り続けている。

このデザートフォックスに乗って唯一楽しかったのが満天の星空。周りに明かりがないだけに、ものすごい星の数だった。

途中ラクダの大群と遭遇。どうやらエジプト輸出用らしい。
xxxxx.jpg

さらにデザートフォックスは走り続ける。

・・合計24時間。

xxxxx.jpg


モヤレに到着。ようやくエチオピア。

はぁ~。バスでも結構大変だったのにもしローリーだったら・・

あぁ~恐ろしや・・
余談だけど究極のマゾの人へ。

家畜ローリーがやばいらしい・・

| | Comments (1) | TrackBack (0)

エチオピアへの道

ナイロビからエチオピアへ。

以前、この区間はパッカー泣かせの厳しいルートで、ローリーといわれる貨物運搬用のトラックに乗る以外陸路での交通手段が無かった。

しかしここ数年で状況が変わり公共バスが走るようになった。

どっちに乗って行こうか・・

これがローリー

xxxxx.jpg

この鉄パイプの上で丸1日

または

バス

xxxxx.jpg

パッカー根性を出してあえて悲惨なローリーに乗って移動してみたいけど。

案の定、嫁がもう反対。
おまえはマゾかぁ~などといわれる始末。

結局、バスで行くことになった。

まあ、バスが快適か?といえば決してそんなこともない。

道は進行方向に対して垂直に凹凸がはしっていてガタガタ。
その状態が何時間も続く。シートも狭いしエチオピア人臭いし・・

これだけでも十分マゾかも。

このガタガタ道はいつまで続くのだろう・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ナイロビのマタトゥ


ナイロビのバスはカッコイイ。

外見もさることながら、中で流れている音楽もレゲエ、ヒップホップなどがガンガンかかっている。
xxxxx.jpg


xxxxx.jpg


xxxxx.jpg


xxxxx.jpg


ナイロビというと世界3大犯罪都市の一つで白昼堂々強盗などが横行する危ない街。

普段はこの携帯ですらホテルに置いていくのだが、今日はナイロビ最後ということでがんばって持って街にでてみた。

やっぱりカメラ付き携帯は高価に見えるらしく、カメラを構えていると道行く人がジーっと見ている。

結構怖かったけどミッション完了。

ナイロビは何もなくでれそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アヒルとマサイ


そういえば・・

xxxxx.jpg

あひる。未知との遭遇

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マサイ族もいろいろ。

ケニアで有名な民族はマサイ族。

確かにケニアを旅しているとマサイ族の人たちとよく出会う。

しかし、今は21世紀。マサイさんも文明を忘れているわけではないから、

当然バスにも乗るし、土産物屋さんもやるし、さらには携帯電話でピコピコ、メールを打ってたりする。

はじめタンザニアからケニアに入ったとき、マサイさんが携帯を操ってメールを送っていたのを見て

かなりビビッタけど。。。。


しかし、文明なんてそっちのけで、昔の生活をしているマサイもいる。さらには観光用マサイも。

マサイもいろいろなんだと一人で納得。

シティマサイとビレッジマサイ。んーマサイも多様化の時代か。。。


これはどっちかというと昔ながらの生活を営んでいるマサイさん。牛マーケットにて。

xxxxx.jpg

これは観光用マサイさん。マサイマラナショナルパークにて。

xxxxx.jpg

xxxxx.jpg

| | Comments (311) | TrackBack (0)

サファリに行ってきました2

サファリ2日目。今日は山盛り動物とご対面した。

とりあえずサファリの写真を山盛り撮った。以下はその写真。

サファリカーで出発。

xxxxx.jpg

いきなりライオンを発見。

xxxxx.jpg

ライオンあっぷ写真

xxxxx.jpg

シマウマも山盛り。

xxxxx.jpg

弱肉強食はここにもあった。

xxxxx.jpg

結構いいカット。キリンは日中日陰で休むようだ。

xxxxx.jpg

おかげさまでヌーの大移動も見れました。

xxxxx.jpg

そしてチーター。

xxxxx.jpg


とにかく動物山盛り。

これで230ドル。大満足でした。

サファリ情報

ナイロビにはいろいろなサファリ会社があるけど、今回参加したつあーについて少し。

僕はニューケニアロッジという日本人宿で申し込む。

内容は、3泊4日 食事すべて込み。

初日 ナクル湖へ4時間かけて移動。その後フラミンゴの大群。サイを探す。

2日目 マサイマラへ移動。所要6時間。 キャンプサイト泊

3日目 動物を1日中探しまわる。結局ビック5と呼ばれる動物たちをすべて見ることができました。
     どうやらヒョウだかチーターが探すのが難しいらしい。

4日目 午前中 再びサファリをし、ナイロビに5時過ぎに到着。

値段によるサファリの内容はホテルの良し悪しや食事の内容で違うくらいで、見れる動物の数はドライバーしだい。

ドライバーが悪ければ、動物はあまり見れないらしい。

結局は運次第。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サファリに行ってきました。

サファリに行ってきました。
ナイロビからがたがたの道を進むこと4時間。フラミンゴの大群で有名なナクル湖へ。

さすがに大群。湖全体がピンク色に染まっていて綺麗だった。

xxxxx.jpg


しかし、フラミンゴの数が数だけに糞尿の匂いがきついこと。

気持ちが悪くなりながら、数を数えてみる。

10M四方に500匹くらいはいそうな勢い。

全体で数えると何百万匹単位のフラミンゴは確実にいそう。

どうやらガイドから話を聞いてみると、フラミンゴは塩水の湖を好むらしくそういった場所がこのあたりにはあまりないらしい。それで、ここにみんな群がっているそうだ。

海に行けばいいのに・。・・

など思ったりもするけど・。・・


さらにサイも発見。

xxxxx.jpg


初日はこのナクル湖のみ

明日はついに本番サファリ。マサイマラへ。

楽しみだ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

詐欺に遭う


今はナイロビ行きのバスの中。

詐欺に遭った直後にこの日記を書いている。

15分前に詐欺に遭いました。

今まで詐欺に遭うやつなんてどこか気が抜けている人が遭うもので、まさか自分が詐欺に遭うなんて夢にも思って思わなかったけど、今日詐欺に遭ってしまいました。

手口はいたって簡単で、俗に言う「引き抜き詐欺」。

これから詳細を書くので皆さんはこんなアホな手口に引っかからないで下さいね。


場所はタンザニアとケニアの国境。

ケニア入国の為、余ったタンザニアシリングをケニアシリングに両替する為に両替所を探していた。

この国境には国営の両替所が有るのは知っていたので両替所を探していると、数人の闇両替屋が近づいてきた。

話を聞いてみるとたいしてレートも悪くない。

さっそく手持ちの14000タンザニアシリングをケニアシリングに交換する。

タンザニアシリングとケニアシリングで15 対 1 なので900ケニアシリング手には入るはずだった。

両替屋は自分でお札を数え手渡してきたので思わずそのお札と交換してしまった。

そこがまず失敗だった。

もらったケニアシリングを数えてみると300しかない。

すぐに足りないから残りの600をくれとさいそくするも両替屋は残りくれない。

だんだん腹がたってきた俺は今は両替屋の手にある俺のタンザニアシリングを奪い取り両替所に向かった。

もうこの時点で詐欺は成立していた。

両替所に着きタンザニアシリングを数えてみる。

なぜか9000しかない。

俺はこの時点で5000タンザニアシリング抜かれている事に気づいた。

やられてしまいました。

まあ日本円で500円。金額は大したことないけど。


く・や・し・い~

はぁ・・

皆さんはこんなアホな手口に引っかからないで下さいね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

サファリ

突然ですが、ケニアでサファリをしました。

サファリの詳細は近日公開。

しばらくお待ちください。

| | Comments (2) | TrackBack (0)